やってみるべき副業とは!おすすめしたい4つのポイント!!

やってみるべき副業とは!おすすめしたい4つのポイント!!

1.昇給があまり期待できない時代です

今年の新入社員の初任給が以前と比較すると若干上がっている会社がある、という話があります。
そういった話を聞いたりすると景気は上がってきているのか、と期待したくなる気持ちもあるでしょう。

なのですが、いくら新入社員の初任給が上がっても実際に長年正社員として働いている社員の給料が上がるとは限りません。
企業としては今後のために優秀な新入社員を確保したいために初任給を上げたりしているだけかもしれません。

もちろん、新入社員の初任給を上げることができるということはそれだけその企業に余力があるのかもしれません。
ですが、昇給が期待できるかというとそれは別の話です。正社員として働いている人は年金や保険料など非正規雇用の人と比較すれば優遇はされています。

ですが、企業としては昇給をするのはできれば見送りたい、というのが本音ではないでしょうか。
ですから、安易に昇給を期待することなどできないので、収入を増やしたければ自然と副収入を得ることを考えなければなりません。

2.収入を増やしたいのなら副収入から

自分の所属している企業が給料アップをする見込みがないのなら給料のいい会社に転職しよう、と言い切れるほど楽な状況ではないはずです。
いくら昇給できなくてもまだまだ現在所属している企業にそのまま在籍するメリットは多くあるはずです。下手に転職すると逆に思っても見ない落とし穴もあるかもしれません。

もし家族を養っているサラリーマンであれば容易に転職など考えることもできないはずです。
ですから、リスクを少なくして収入を増やそうと思ったら、副収入を得るという手段になってくるのです。

副収入を得るということは、副業をするということになります。
もちろん、不動産などを購入して不労所得を得るということもできるでしょうが、多くの人が不動産を購入するだけの資産があるとはいえません。

ですから、多くのサラリーマンにとって副収入を得るということはそれイコール副業をするということになるでしょう。

3.正社員で副業はまだまだ禁止されている

副収入を得たいのなら副業をする必要があるのがほとんどのサラリーマンのケースでしょう。
ですが、正社員として企業に所属している多くのサラリーマンはいまだに就業規則で副業禁止とされていることが多いです。

もちろん、最近では大手企業で副業を解禁する動きもでていますが、まだまだ少数派です。
ですから、正社員が副業をするということは就業規則を破るということであって、リスクを伴う行為でもあるのです。

ですから、どうしても副業をする必要があるという人はできるだけリスクを低くして副業をする必要がありますよね。
この場合のリスクを低くするとは会社になるべくばれない副業をするということです。

では会社にばれにくい副業とは何だと思いますか?

4.会社にばれにくい副業とは

結論から言うと、会社にばれにくい副業はネット副業です。ネット副業と言っても様々あるのですが、アルバイトをして副業をするよりははるかに会社にばれる確率が低い副業です。
実際に、自分がアルバイトをしていて副業がばれるケースというのは給料明細の住民税だったりするようです。

もっと言うと、会社に所属していると確定申告は通常は会社がしてくれていることがほとんどです。
ですが、この確定申告を自分ですることによって住民税の納税通知書が自宅にくるので会社にその税金の金額を知られることはまずありません。

ですから、会社にばれにくい副業はネット副業なのです。これがアルバイトなどの給料として受け取る形態の副業の場合はこうもいきません。
副業がばれる多くのケースはこの住民税の金額だったりします。

この確定申告を自分ですることによって会社に自分が副業をしていることを知られるリスクを減らすことができます。
もし、副業をしようと考えているのならネット副業をオススメします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ